手のひらに小さなパソコンをのせている人

端末の数

テストの必要性

スマートフォンに搭載されるアプリケーションやゲーム。日々を楽しく、そして便利なものにするために存在する、手のひらサイズのスゴいやつ。
しかし、そんなアプリやゲームも、動作不良や故障、不具合が多いとイライラの対象にしかなりません。
質も志も低いという「良いところゼロ」のアプリを「便利そう」と思ってダウンロードして、あとでガッカリしたことがあるという人も、いるかもしれません。

たぶん、そのアプリを開発した会社は、スマートフォンアプリの「テスト」を専門とするテスト代行会社を利用していなかったのです。
テストが行われなければそれが良いサプリかどうかもわからないのに、テストの手間を怠ってしまったわけです。

スマホの種類について

スマートフォンといえば、iPhoneとAndroidがぶっちぎりの2強となっていて、まさに「他社の追随を許さない」みたいな状況になっています。
誰も彼も、スマホユーザーはiPhoneかAndroidを手にしているという感じになっています。
というわけで、ひとつのアプリやゲームが開発されたら、少なくともiPhoneだけでなくAndroid上でもしっかり動作するか見なければならないということになっています。

テスト代行を行う会社は、iPhone、Androidといった2台のスマートフォンに対するアプリやゲームのテストをしますが、ことはそれだけにはとどまりません。
これまでに出てきたさまざまなiPhone、Androidのモデルそれぞれで、テストを行うのです。同じiPhoneでも、Androidでも、モデルや型番の違いがあるものは、厳密に言えば「別種」のスマートフォンなのです。

スマホは2種類よりもっと多い多種類のものであり、それらすべてのテストを行うことが出来る環境にある業者の仕事が必要なのです。